お知らせ

豊中まちなかクラシック2017

萩の寺で楽しむ個性豊かな三作品
日本センチュリー交響楽団が特別に編成する多彩なアンサンブル。
寺院、教会、オーケストラハウス等を会場に、まちなかで楽しむクラシックコンサート。
日時
2017年12月2日(土)/13:30〜14:30
会場
東光院 萩の寺
萩の名所として名高いことはもとより、正岡子規をはじめ多くの俳人が訪れ、数多くの句碑や奉納句を今に伝えます。ハーモニーの典雅な響きは、名木で造作されたこの寺の本堂ならではの醍醐味です。
定員
65名
演奏
道橋倫子(ヴァイオリン)
関 晴水(ヴァイオリン)
飯田 隆(ヴィオラ)
高橋宏明(チェロ)
曲目
J.ハイドン:
弦楽四重奏曲第34番 ニ長調 Op.20-4
Hob.III:34「ヴィネツィアの競艇」
D.ショコーヴィッチ:弦楽四重奏曲 第7番 嬰ヘ短調 作品108
H.ヴォルフ:イタリアのセレナーデ ト長調
演奏者から一言
一番小さなオーケストラと言われる弦楽四重奏。ドイツの文豪ゲーテは弦楽四重奏を「4人の知性あふれる人間の対話」と言ったそうです。
よく似た音色で音域の異なる4つの弦楽器の組み合わせで作る弦楽四重奏ですが、このジャンルには素晴らしい曲が星の数ほど残っています。数多ある作品の中から今回は、オーストリアの作曲家ハイドン、ヴォルフ、そしてロシアのショスタコーヴィチを取り上げます。ハイドンはこの弦楽四重奏の形を作ったとされ「弦楽四重奏の父」と呼ばれています。ショコスターヴィッチはソ連の共産主義体制下で暗く重い響きのなかの生命力、軽快なリズムのなかの皮肉など時代をはんえいしているかのような弦楽四重奏曲を15曲作曲し1975年に没しました。奏者4人の個性あふれる対話をお楽しみください。(ヴァイオリン/関)
豊中まちなかクラシック2017「萩の寺で楽しむ個性豊かな三作品」
詳細(PDF, 2.7M)